男の婚活ブログ

カエテヤル

モテない男こそ

2020 - 02 - 02

ナンパで人生初の彼女をゲットした。

「ナンパなんてイケメンだけの手段」
と思うかもしれない。

………それは違う。

モテない男こそ
なおさらナンパをすべきだ。

  • 年収300万円
  • 163センチのチビ
  • デブ・ハゲになる可能性あり

ボクくらいの低いスペックだと
婚活アプリや婚活パーティーで相手にされない。

時間とお金をドブに捨てるようなものであり
それを痛いほど経験した。

あたりまえの話だけど
ボクはナンパを失敗しまくった。

でも婚活アプリや婚活パーティーとは違って
失敗してもむなしくならない。

アプリ、パーティーは高いおカネがムダになるけど、ナンパはタダ。

ゲットできるかどうかは別にして
ナンパは、自分がかわいいと思ったに女性を選びたい放題。

ガン無視されたり、キレられたりすることはあるが、そのおかげでメンタルが強くなって、一つ上の男にレベルアップした感じになる。

ナンパは
イケメンだけの手段ではありません。

モテない男こそ、ナンパをオススメします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ




自己紹介
人物

名前

生年月日

似ている芸能人

職業

会社員

転職サイト転職エージェント勤務

学歴

身長

体重

好きなもの

好きな番組

ルパン三世part5

嫌いなもの

リンクしたブログ

ノックアウトオプションのブログ

FXのブログ

わたしの人生年表

【小学時代は黄金期】

勉強、運動に優れた学年の人気者。

小学6年生で生徒会長になる。

4年生、5年生の2年連続で、校内マラソン大会を優勝。

環境ポスターで最優秀賞を受賞、県内の新聞に載る。

【中学時代は暗黒期】

太りだして、身長が抜かされる。

クラスで一番のチビデブになる。

スクールカーストが下がる。

「からかわれキャラ」になる。

「イジメられキャラ」に下がるのを食い止めるため、みずから率先して「明るい、からかわれキャラ」を演じる。

勉強をがんばって、頭のいいグループにしがみつく。

ヤンキーと距離を置くことに成功。

イジメを回避する。

【高校時代は安定期】

県内トップの高校に合格(偏差値は70以上)。

優れた友人たちと交流を重ねる。

医師や弁護士などを目指す友人の影響をうけて、自分も医師を目指す。

医学部を受験する。

………………不合格。

ステータスがほしくて医学部を受験した程度なので、浪人してまで医師になろうとは思わなかった。

すべり止めの私大の法学部に入る。

【大学時代は再び暗黒期】

医師になる夢を捨てて、司法書士へ方向変換。

大学の4年間、勉強に打ち込んで司法書士試験を受験する。

………………不合格(3回受験)。

司法書士試験に労力をそそいでいたので、就職活動をしていない。

親が医師である親友のコネで、いまの会社(医師の転職サイト転職エージェント会社)に就職。

【社会人時代   デブになる】

仕事のストレスとだらしない生活によって、体重が増える。

163センチ、82キロまで増加。

「このままではダメだ」と思う。

ダイエットを決意する。

【ダイエット成功後】

2年かけて、20キロ以上やせる。

体脂肪率11%~13%を維持。

腹筋はシックスパック。

すこしだけ自分に自信をもつ。

ダイエットがキッカケとなって「自分みがき」に目覚める。

【自分みがき】

1.  歯列矯正

歯ならびと顎関節症(がくかんせつしょう)を治すため。

2.  レーザー脱毛

腕毛、胸毛、乳首まわりの毛を皮膚科で脱毛する。

3.  AGA治療

わたしはハゲてないが、母方はみんなハゲている。

最近、頭頂部が気になりだした。

ハゲ予防のために、AGAスキンクリニックでリバース(Rebirth)という薬を試す。

半年ぐらいで髪の毛が太くなり、現在も継続中。

【自分みがきの結果~現在】

歯列矯正、レーザー脱毛、AGA治療の費用は合計200万円以上。

ダイエットと自分みがきによって、みなぎる自信を手に入れる。

25歳にして童貞卒業。

「コンプレックスを『カネ』で埋め合わせてみせる」と決意する。

その手段としてノックアウトオプションに興味をもつ。

ネット証券を比較した結果、松井証券マネックス証券の口座を開設。

【最後にひとこと】

ノックアウトオプションを中心にしたサイトですが、この先どうなるか分かりません。

何の役にも立たないし、面白くもないサイトだと思います。

だだ読みやすいように心がけます。

ひまつぶしに最適???

気が向いたとき、足をお運びくださると嬉しいです。