男の婚活ブログ

カエテヤル

告白のとき

- 10 - 11

3回目のデートが終わり
ハルさんを自宅付近まで送る。

詳しい住所は知らない。

だから以前と同じように帰りの道中
「ここで下ろしてください」と言うはず。

その前に、告白をしなければならない。

車に乗ってガムを噛む。

ハルさんにも勧めて、ハルさんも噛む。

コインパーキングにて料金を支払い
車を走らせる。

ハル:
「自転車専用の道路があればいいのに。歩行者と自転車兼用の道路は平らじゃないので走りづらい。段差の部分でタイヤが傷んだり、パンクしたりもする」

コンブログ:
「そうですよね。だからといって車道を走るとクラクションを鳴らされますもんね」

こんな話をしながら帰っていたけど
ボクの頭のなかは「早く告白のチャンスを作ろう」という考えでいっぱいだった。

国道沿い、広い駐車場のあるホームセンターが見えてくる。

ボク:
「ごめんなさい、買いたいあるので、あそこのホームセンター寄らせてください」

そう言って、ホームセンターに向かう。

ホントは買うものなんかない。

前もって計画した
告白プランにしたがっているだけ。

ホームセンターに到着。

店舗から離れたすみっこに車を止める。

広い駐車場のすみっこに
ポツンと一台だけボクの車がある。

この瞬間、ちがう空気が流れる。

………告白のときがきた!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ




自己紹介
人物

名前

生年月日

似ている芸能人

職業

会社員

転職サイト転職エージェント勤務

学歴

身長

体重

好きなもの

好きな番組

ルパン三世part5

嫌いなもの

リンクしたブログ

ノックアウトオプションのブログ

FXのブログ

わたしの人生年表

【小学時代は黄金期】

勉強、運動に優れた学年の人気者。

小学6年生で生徒会長になる。

4年生、5年生の2年連続で、校内マラソン大会を優勝。

環境ポスターで最優秀賞を受賞、県内の新聞に載る。

【中学時代は暗黒期】

太りだして、身長が抜かされる。

クラスで一番のチビデブになる。

スクールカーストが下がる。

勉強をがんばって、頭のいいグループにしがみつく。

ヤンキーと距離を置くことに成功。

イジメを回避する。

【高校時代は安定期】

県内トップの高校に合格(偏差値は70以上)。

イジメと無縁の高校生活。

優れた友人たちと交流を重ねる。

友人は医師や弁護士を目指す人ばかりで、自分も影響をうける。

医学部を受験する。

………………不合格。

ステータスがほしくて医学部を受験した程度なので、浪人してまで医師になろうとは思わなかった。

【大学時代は再び暗黒期】

早稲田大学法学部へ入学。

大学の華やかな雰囲気についていけない。

2ケ月たたずに通わなくなる。

ひきこもりが始まる。

8年間、籍だけ残して大学中退。

【ダイエット前】

10年以上ひきこもる。

朝5時に寝て、昼12時に起きる昼夜逆転生活。

外出は1ケ月に2~3回程度。

どんどん体重が増えて、身長163センチ、体重82キロになる。

ダメな自分に嫌気がさして、自殺を考える日もあった。

そんななか父から「そのままでいい、ひきこもったままでいい」といった手紙をもらう。

ダイエットを決意する。

【ダイエット後】

2年かけて、20キロ以上やせる。

体脂肪率11%~13%を維持。

腹筋はシックスパック。

すこしだけ自分に自信をもつ。

ダイエットがキッカケとなって「自分みがき」に目覚める。

【自分みがき】

1.  歯列矯正

歯ならびと顎関節症(がくかんせつしょう)を治すため。

2.  レーザー脱毛

腕毛、胸毛、乳首まわりの毛を皮膚科で脱毛する。

3.  AGA治療

ハゲ予防のために、AGAスキンクリニックで頭皮ケアを継続中。

【現在~これから】

歯列矯正、レーザー脱毛、AGA治療の費用は合計200万円以上。

ダイエットと自分みがきによって、みなぎる自信を手に入れる。

親のコネで、いまの会社(医師の転職サイト転職エージェント会社)に就職。

30歳にして童貞卒業。

「金と女で、コンプレックスを埋め合わせてみせる」と決意する。

その手段として投資に興味をもつ。

ネット証券を比較した結果、松井証券マネックス証券の口座を開設。

【最後にひとこと】

ひきこもり、婚活、投資のブログですが、この先どうなるか未定です。

何の役にも立たないし、面白くもないサイトだと思います。

だだ読みやすいように心がけます。

ひまつぶしに最適???

気が向いたとき、足をお運びくださると嬉しいです。